<28.マタニティ整体(パニック障害・動悸・耳鳴り・首肩の痛み)>


 20代、広島市外にお住まいの女性。

 そして今、妊娠八ヶ月目を迎えられている方です。

 インターネットにて<パニック障害>に対する私の症例記事をお読みになり、お電話をいただきました。

 五年前からパニック障害に悩まされ、それに加えひどい動悸や耳鳴りで「そちらまではとても行けそうにない」とのことで、

 ご自宅での出張施術という形(非常にレアケースですが)でやらせていただきました。

 症状としては、

●左の耳鳴り
●パニック障害(向精神薬ソラナックスを服用)
●動悸
●首・背中の痛み(うつむくと背中が痛く、側湾症と診断されたとのこと)

 ということを訴えられました。

 通常の施術は、まずうつ伏せの体勢より始め、そして横向き→仰向けと形を変えるですが、妊婦さんである以上、うつ伏せの体勢は無理です。

 ですので、まず仰向けからの開始です。

 腕から緩め、そして足裏・すね・膝・・・、身体の端から徐々に身体の中心部分を施術していきます。

 その中心部分に向かう施術途中で、クライアント様のお腹が「ゴロゴロ・・」と鳴り始め、施術自体が上手くいっていることを感じました。

 人間には身体の調整を司る<自律神経>があり、
・交感神経(=ストレス系(に対抗するため)の神経)
・副交感神経(=リラックス系の神経)

 の二種類がありますが、このうちの副交感神経が「腸の活発な動き(蠕動<ぜんどう>運動といいます)」の働きを司っています。

したがって、

 お腹が鳴る→腸が活発に動いている→副交感神経(=リラックス系の自律神経)がはたらいている→施術によってクライアント様がリラックスできている

 ということになります。

 そして副交感神経が活発に働いているということは、それによって<自然治癒力>も働くということになります。

 ですので、この施術中にお腹が鳴ることが、施術自体が上手くいっているかどうかの一つの目安になります(単にお腹がすいているから、という可能性もありますが・・(笑))。

 ちなみ昔、私が足もみをメインでやっていた頃、「痛ければ痛いほど効く」とばかりに、強く足を揉んでいたことが一時期ありました。

 ですが強く足を揉むとどうなるか。

 クライアント様は激しい痛みを感じます。そのストレスに対抗するため、この場合<副交感神経>ではなく、<交感神経>が活発になります。

 いわゆる「緊張状態」になり、とても身体を治癒する方向に向かうのは難しい状態になります。

 この「強もみ」というやり方は、足もみに限らず整体法にもこういったやり方がたくさんありますが、

 身体の<自然治癒力>を高めるという意味においては、中々「難しい」やり方ということになろうかと思います。

 「刺激の強い施術は全て悪」というわけではありませんが(活発になった交感神経がリバウンドして、一気にリラックス状態になるという場合もありますので)、

 女性やお年寄りの方にはこのやり方は耐えられないかと思います。

 この「刺激の強弱」のテーマに関しては、「師」よりたくさんのことを教えていただくことができました。

 “大事なのは強い・弱いじゃなく、いかに身体の奥深くまで「響かせるか」なんだよ”

という「師」の言葉を忘れずにいようと思います。

 話を本題に戻して。。。

 仰向け施術が終了し、今度は横向きになっていただきます。

 この横向き施術こそ、「リフレパシー整体」の特色になります。

 なぜならクライアント様を横向きにしての施術というのは、施術する側の身体のバランスをとるのが非常に難しいからです。

 この横向き体勢での施術でクライアント様の身体のほとんどをくまなく施術でき、かつ原因のところまで深く届かせることが、リフレパシー整体で可能です。

 そして妊婦さんにも体勢の負担がかかりません。

 この横向き施術が、“強力な効果をもつマタニティ整体”を実現可能にしています。

 この横向き施術で入念に時間をかけて緩めたのが、<首横の筋肉(=斜角筋 ※写真参照)>です。

 この筋肉、今までの施術メモでも何度も出てきてご説明してきましたが、ここには<自律神経>と<迷走神経(=心臓の拍動を司る機能を持つ)>がすぐそばを通っていますので、

 ここが硬くなることでこれらの神経が圧迫され、「パニック障害」「動悸」「不整脈」などの症状が起こってくるのです。

 またここは、クライアント様が訴えられていた背中の痛みの原因にもなるところですので、施術の最優先筋肉とも言えるところでした。

 案の定押さえると、「腕まで響いてくる・・!」と言われました。

 さらに施術を進めようとした矢先、お子様から電話があり、学校からのお迎えに行かなければならないということで、施術を一旦中断し、すぐそこのバス停まで外出されました。

 そしてお子様と共に戻られた時に言われたのが、「もうこの時点で身体が楽になっている・・!」とのことでした。

 そして施術再開し横向き施術の完了後、また仰向けに戻っていただき頭蓋骨調整してフィニッシュ。

 アフターカウンセリング時、

「施術前にあった耳鳴りがやんでいる・・!」

 とのことでした。

 この初回施術の二週間後に、二度目の施術を行いました。

 プレカウンセリングでお聞きしたところ、

「前回の施術日の夕方は、リセット反応が強く出てとにかくだるかった。でも次の日に起きるととても快調!」

 とのことでした。そのお言葉に続けて

●10日間ほど耳鳴りの症状は全く出ずに楽だった(今は少し戻っている)
●うつむいたり上を向いた時に走っていた不快な首・背中の痛みもほとんど無くなった

 とのことでした。一度の施術でここまで改善がみられたことはとても嬉しいことです。

 ただパニック障害や動悸はやはり外に出ると出てくるとのことです。中々手ごわい症状ですので、少しずつ改善を目指します。

 二度目も入念に首・肩・腕を緩めました。

 次回、横浜出張により間が三週間ほど空いてしまいますが、その間はお伝えしたセルフケアをやっていただき、次回月末の三度目の施術も全力を尽くそうと思います。

 この方のように様々な症状を抱えながら、中々改善の機会に恵まれず悩んでおられる妊婦さんは、本当にたくさんおられると思います。

 そういった方々にも、リフレパシー整体による“マタニティ整体”として十分お応えができます。

 この声が届くことを切に祈っています。