≪首痛&腕(手指)の痺れ・痛み≫


首の痛みでまっ先に思い浮かぶのは、ムチ打ち症ではないでしょうか。

 しかし最近はそれ以外の首の痛み腕や手指の痺れといった症状が多くなってきています。

 この場合首の痛みでは「
胸郭出口症候群」手指の痛み&痺れでは「手根管症候群」と診断され、手術に至ることもあります。

 しかし整体によって改善できるケースが非常に多いのです。

 
こういった痛みの原因として一番に挙げられるのが、「首の筋肉(=【斜角筋】」です(※写真参照)。 

 この斜角筋は第一肋骨・第二肋骨に付着しており、肋骨を引っ張り上げる作用を行なっています。

 

 なのでこの筋が短縮しますと胸郭出口を狭めてしまい、胸郭出口症候群という症状を出してしまいます。

 この場合、手術によって肋骨を切除するというケースに至ることもあります。

 
また手根管症候群の場合には首の筋肉の他に、

・肩甲骨の筋肉(筋肉名は略)
・胸の筋肉(筋肉名は略)

といった筋肉が大きく影響していることが多く、これら一連の筋肉の処置が必須です。

 
腕や手の症状箇所から離れた部位のため、中々この部分に気づかないことが多いのですが、的確に処置した場合かなり改善効果があります。


 そして
首そのものの痛みに関しましては、原因は首より肩にあることがほとんどです。

 
ちょうど「肩と首の付け根あたりの深い所にある筋肉(筋肉名は略)」に強いコリが発生していて、それが痛みを引き起こす原因となるのです。

 さらにここは、自分で押さえようとしても届かない部位でもあります。

 ですのでこの原因となる部位を把握することと、そのコリを緩和する処置法が、首痛の改善の必須条件となります。


 
以上、ムチ打ちなどの首の症状・腕や手指の痺れで長年苦しんでいる方には、是非一度お越しいただきたいと思います。