≪腰痛≫


 腰痛の原因というとまず考えられるのが「椎間板ヘルニア」ですが、

 非常に強いヘルニアの持ち主であっても腰の痛みを感じなかったり、ヘルニアがほとんど認めらなくとも激しい腰の痛みを訴える人がいます。

 1995年に国際腰痛学会で一つの論文が発表されました。

 「腰に痛みがない人の76%がヘルニアであり、85%に椎間板の異常がある」

 
つまりヘルニアがあるからといって、それが直ちに主な腰痛の原因にはならないということなのです(もちろんヘルニアからくるものもありますが、メインではありません)。

 実は主な原因は筋肉からきているのです


 
このことがあまり知られていませんので、腰痛が中々改善しないのです。 

 
では腰痛の主な原因としてはどこの筋肉が考えられるのでしょうか。以下の2つが挙げられます。

①殿部(中殿筋・小殿筋):原因の3割
②腹部(腸腰筋):原因の2割


 
 腰とは無関係に思える①②だけで、実に腰痛の原因のおよそ半分を占めていることになります(腰そのものに原因があると思いがちですが、それは殿部痛の場合です)。

 ①殿部が原因の場合、腰痛に対する施術として行う整体院やサロンもありますので、偶然治るということもあるかもしれません(とても痛みに耐えられないような強い圧で、殿部を施術するお店もあるようです)。 

 
 しかし②腹部が原因である場合、そこが原因であると知っていないと改善しない腰痛です。

 
そしてこの①②以外にも、腰とはまったく無関係に思える場所に原因があって腰痛になっているケースが非常に多いのです(ふくらはぎなど)

 ですので医療機関から「ヘルニア」と診断されても、決して悲観されることは無いのです。
 
 
腰痛の中で、手術が本当に必要な場合は5%ぐらいです。ブロック注射も不要です。

 残りの95%はこういった筋肉が原因となっているものですので、手術することなく整体により改善いたします

 そのことを是非皆様にも知っていただけたらと思います。