≪目まい≫


 目まいには大きく分けて二つの種類があります。


①脳や内耳の機能など器質的なもの

②自律神経的な問題or原因不明と言われたもの


 このうち①が原因であることがはっきりしている場合は、整体による対応は難しいです。


 しかし②については整体で改善することができます。②は筋肉に問題があるからです。


 その原因として考えられる筋肉は二つあります。


A.胸鎖乳突筋

B.上部僧帽筋



 A.胸鎖乳突筋(※写真一枚目)

 

 首筋にある筋肉ですが、ここに非常に小さくて硬いコリ(=トリガーポイント)が発生し、それが目まいを引き起こしていることが非常に多いです。


 この筋肉の処置は難しく、最低でも三つの角度からアプローチしないと、緩むことがありません。


 

 B.上部僧帽筋(※写真二枚目)


 肩こりの原因となる筋肉です。


 この筋肉の強いコリ(=トリガーポイント)からもめまいが出ることがありますので、症状だけではA・Bどちらに原因があるかを区別できません。


 したがって確実な症状改善には、A・B両方の筋肉にアプローチすることが必要になります。


 この両方の筋肉を処置することができれば、めまいが改善できる場合が多いのですが、このことを知らずに苦しんでいる人が非常に多いです。


 ですので以上のことを知っていただき、目まいを改善するためにも是非お越しいただけたらと思います。