≪五十肩≫


 五十肩は、【回旋筋腱板(別名ローテータ・カフ=肩にある4つの筋肉)】が強く短縮することにより起きる症状です。

 

  そしてその強い収縮によって回旋筋腱板に【トリガーポイント】というものが発生し活性化すると、筋肉が十分伸びなくなり、ちょっとした動作orスポーツでの筋肉断裂という事態を引き起こしてしまいます。


 このように五十肩の痛みには、


①「炎症性の痛み(筋断裂or筋肉の石灰化による)」

②「トリガーポイント活性化による痛み」


と二種類あり、その症状期は大きく三つに分類できます。


1.①「炎症性の痛み」だけの時期


2.①「炎症性の痛み」+②「トリガーポイント活性化による痛み」の混合期


3.②「トリガーポイント活性化による痛み」だけの時期



 このうち①「炎症性の痛み」は、何週間も何ヶ月も続くことはありません


 ですので痛みがかなり長く続いている場合は、3.②「トリガーポイント活性化による痛み」の時期と考えてよいと思います。


 ですのでこのトリガーポイントが活性化しないような処置をしない限り、長い間(場合によっては一・二年の)痛みに苦しめられます


 しかしこの処置が正しくされれば、短期間で五十肩の痛みから脱することができるのです。